生活費が不足してのキャッシングは間違い?

生活費不足をキャッシングするのは危険

 

みなさんはキャッシングするときに、お金を借りる理由ってなんですか。
私が以前に一度利用した時は、通勤用の電動機付き自転車の購入のためでしたが、
金利の高さが気になったのでボーナス月に一括返済しました。
その時に実家の母から注意されたのですが、
一時的な出費のためにお金をかりるのはいいけど、
生活費に困ってのキャッシングは絶対にしてはいけないそうです。
母の友人の中に生活苦からキャッシングに手を出してお金を用意したものの返済できず、
金利の高さから雪だるま式に元金が増えていってしまい、
最後には自己破産したという人がいるそうなんです。
確かに苦しいからといって一時的にお金を借りてその場をしのいでも、
同じ状況で生活していたら、次の月にお金が余るとは思えないですよね。

 

キャッシングは無いはずのお金が手元に入るため、
自分はまだ大丈夫だと錯覚してしまい、取り返しのつかなくなるまで借りてしまうそうです。

 

私もこの話を胸に、今後キャッシングの扱いには気をつけようと思っています。

 

欲しいものはキャッシングで我慢しない

 

私は欲しいものが出来てしまうと、そのことで頭がいっぱいになってしまって、
購入するまで何も手につかなくなってしまいます。
今回も新作のブランドバッグのお披露目会に行ったら、
私の大好きなピンクモチーフの柄だったので、どうしても欲しくなってしまいました。
今までは我慢して貯金してから買っていましたが、
そのブランドバッグは高額なうえに季節限定商品なのでいつまであるかわかりません。

 

あきらめきれない私は、近所のアコムでキャッシングすることにしました。
簡単な申込み手続きのあと、すぐに審査が終わったので、
こんなに早いのかとおどろきましたが、無事に借りることができました。
そのまま急いでブランドバッグを購入しに向かうと、
残りは展示品のみになっていて、もう少し遅かったら手に入らないところでした。

 

今はキャッシングの返済をしながら、ブランドバッグでのお出かけを楽しんでいます。
買えなかったらすごく後悔していたと思うので、あの時キャッシングして本当に良かったです。

 

生活を立て直すためのキャッシング

 

社会人になって張りきって一人暮らしをはじめたものの、
思っていたよりも給料は使えず、なかなか毎日の生活費を把握できずに、
給料日前にはほとんどゼロになるという生活を送っていました。
無くなるたびに貯金を引き出していましたが、
学生時代に貯金していたお金や、就職祝いにもらったお金もついに底をつき、
さすがにこのままだとダメだと気付いて引っ越すことに決めました。
もちろん、今の自分に引越し用の資金はありません。
私は抵抗はあったものの、思い切って消費者金融からキャッシングすることにしました。
緊張しながら店舗内に入ると、思ったよりも明るい雰囲気で、
受付けの女性の態度も良く、心配していた申し込みも簡単に手続きすることが出来ました。
審査後に提示された融資限度額は20万円でした。
思っていたよりも借りられる金額が少なかったのですが、
ギリギリ引越しは出来そうですし、余ったお金は使い込みそうなので、
お金の使い方がまだまだ下手な私には、この金額でよかったと思います。

 

キャッシングの金利って怖い

 

私は三年ほど前に、実家の両親に泣きつかれて50万円ほど、
消費者金融でキャッシングして貸してあげたこどがあります。
本当は親と言えども、お金の貸し借りはいけないのでしょうが、
自分を今まで育ててくれた恩返しだと思い、
もし親が払えなくなっても自分で払っていこうと決心した上で、お金を用意してあげました。
残念ながら半年すぎたころから私宛に督促が来るようになり、
両親にはすでに支払い能力がなかったので、
まるまる50万円残った借金を私が返済することになりました。
そしてそれから三年たって、やっと完済した明細票を見ながら、
ふとどのくらい払ったのだろうと、期間と金額から計算してみました。
すると信じられないことに、元金の三割ほどの金利を払っていたのです。
借りたときも親のためだという意識しかなく、
返済期間中も最低支払い額だけ払っていればいつか終わるとのん気に思っていましたが、
こんなに金利が高いのならばもっと早く返済していれば良かったとすごく後悔しました。

 

コンビニATMでこっそりキャッシング

 

消費者金融のキャッシングって、本当は色々な人が利用しているはずなのに、
なんだか周りの人には知られたくないですよね。
テレビや雑誌の影響で、キャッシングしてる人は多重債務者というイメージが、
世間に浸透しつつあるからかもしれません。
実際はキャッシングを上手に使っている人も多いのですが、
それでも堂々と消費者金融でお金を借りられるという方は少ないのではないでしょうか。
でも今は、コソコソと消費者金融まで行かなくても、
誰にもバレずにキャッシングすることができるようになりました。

 

各種金融機関やコンビニATMで、
融資と返済のどちらも利用することが可能なんです。
唯一のデメリットは利用手数料が発生することですが、
これで周囲を気にせずにキャッシングすることができますし、
わざわざ店舗まで行かずにすむからとても便利です。

 

消費者金融によって、コンビニATMに対応していない業者もありますので、
自分のキャッシングカードが使えるか調べてみてくださいね。